料理をしたり、食事をしたりするたびにたまる洗い物。

食器がシンクに山盛り溜まって、食器洗いをする気も起きなくなってしまって、ついつい後回し。

きづけば汚れがこびりついて、余計に食器洗いが大変に。。。

このページでは、楽して簡単に食器を洗う方法をご紹介。時間もお金も節約できる方法を書いてます。

食器洗いの効率を上げるポイント

  • 油汚れは事前に
  • 乾燥させない
  • 洗う順番に気をつける

食器洗いを効率よく時短するためのポイントはこの3つだけ。これさえ完璧にこなせれば、簡単に食器を洗うことができちゃいます。

油汚れは事前に軽く落とす

頑固な油汚れは、事前に軽く落としておくと食器洗いの時間を短縮することができます。

フライパンについた食用油はもちろん、お皿についたコッテリ計料理のスープなど、油汚れがこびりついていると、食器を洗うとき本当に大変。

汚れを落とすのにかかる時間はもちろん、洗剤の洗浄力をすごく消費するので、泡切れしやすくなるのも、洗い物の負担を大きくする原因。

食器同士を重ねておいていると、他の食器に油汚れがついてしまって、粗いものの手間が増えてしまったりもしますし、ぜんぜんいいことが無いのです。

油汚れを洗い物前におとすには、新聞紙やチラシなど、不要になった紙で軽く拭いてあげるだけでok。

あるいは、捨てようと思っていた野菜の葉っぱや、オレンジの皮で拭いて汚れを事前に落とすのも良いです。特に、柑橘系のフルーツの皮に含まれる天然のオイルは、油を分解してくれる効果があるので、スルスルッと汚れを落としてくれます。

事前に油汚れを落とすことで、食器洗いに必要な洗剤の量が節約できるので、経済的にも良いのです。

乾燥させると損をする

ご飯茶碗にこびりついた、ご飯粒に苦労させられた経験はありませんか?

食器についた汚れは、乾燥させればさせるだけ洗い落とすのが大変になります。

そういうときにおすすめしたいのが、付け置き洗い。桶や樽など、水をためておけるものに食器をつけて、汚れを落としやすいようにしておきます。

このとき注意したいのが、油汚れがこびりついた食器は入れないようにするということ。

汚れを落としやすくしたいのに、油汚れがつけてある食器全体についてしまって逆効果なので、別にしておいたほうが良いです。

洗い桶に使用する素材は、ステンレス製の素材がお手入れが楽なのでお勧め。洗い物用のシンクが狭くて洗い桶を置く場所が無い場合は、お皿を大きさ順に重ねて、上から水をシャンパンタワーのような感じでながして、水が食器全体にいきわたるようにします。

食器の付け置き洗いに使う水は、お米のとぎ汁や、パスタやうどんをゆでたあとのお湯を使うと、水道代金も節約できます。

食器を洗う順番に気をつける

食器を洗う順番は、汚れが少ないものから順番に洗います。
食器を洗うスポンジは、よごれると泡立ちがわるくなって洗浄力が弱まってくるからです。

このとき、あわ立ちの良い食器洗い洗剤をしようして、スポンジもへたりの少ないものを使うことで、効率よく洗い物ができます。

洗い物は洗う前が1番大事

食器洗いは、ほんとうに洗う前の準備が一番大切です。

食器洗いが苦手とか嫌いというひとは、事前に洗いやすくするための方法を知らないので、自分で自分の洗い物を大変にしている人が多い気がします。

汚れを落としやすくすることで、荒いもののしやすさが格段に変わるので、洗い物嫌いというひとでも、ちゃちゃっと簡単に汚れを落とすことができるはず。

最初のヒトテマで、洗い物を簡単に効率よくすませよう!