パソコンをずっと使っていると、マウスを持っている方の手首が痛くなってきません?

  • ゲームのやりすぎで
  • 仕事のやりすぎで
  • ブログの書きすぎで

マウスを操作している手首がズキズキする様になってしまった。。。

このページでは、そんな悩みをサクッと解決する方法をご紹介しています。

マウスを使う手首が痛いときの解決法もくじ

一旦休憩ストレッチ

単純明快。

ずっとマウスを操作しているから手首が痛くなるわけです。
なので、いったん作業を中断して休憩してみては。

痛くなっているほうの手を反対側の手でつかんで、ゆっくりストレッチすると、手首をリフレッシュさせることができます。

反対側の手でマウスを操作する

私は右利きなので、普段は右手でマウスを操作しています。

なので、マウスを使って手首が痛いなーというときは右の手首がズキズキなってくるわけです。

そういうときは、思い切って反対側の左手でマウスを操作するようにすると、右手首の負担を軽減してくれます。

ちょっとコツがいりますし、最初のなれないうちは反対側の手でマウスを操作するのが結構難しいのですが、なれてしまえばかなり快適に作業することができます。

クッションパッドで手首の負担を軽くする

マウスを操作する手首を、やわらかい素材でできたクッションで優しくサポートするという方法。

リストレストと呼ばれる低反発のウレタン素材で作られているものがほとんどで、手首専用の座布団という感じです。

正直、これだけでかなり負担が軽減されました。

リストレストを使うかどうかなんて、マウスを操作する時の手首の角度がちょっと違うだけなんですけど、不思議とすっごい楽になるんですよ。

普段の生活でも、姿勢が悪いと肩こりや腰痛になりやすくなったりしますし、パソコン操作も正しい姿勢で作業したほうが、ずっと体に負担がかからなくなるようです。

サンワサプライ 低反発リストレストミニ(ブラック) TOK-MU2NBK

ミニサイズだから、作業環境を選ばずに使える優れもの。

トラックボールマウスという選択

マウスを使っていててくびがいたくなるというのは、マウスを上下左右に移動させる時の負担が、手首に影響を与えて痛みを発生するのです。

なので、マウスを移動させずに、マウスのポインタを操作できるトラックボールタイプのマウスを使ってみてはいかがでしょうか。

トラックボールと呼ばれる、マウスポインタを操作するための球体がマウス上部に付けられていて、このボールをクルクルすることでマウスポインタを操作するという仕組み。

これなら手首をほとんど動かさずにマウスを操作することができるので、手首が痛くなってきた時でも快適にマウス操作をする事ができます。

また、このタイプのマウスはマウスを動かさないので、作業スペースが限られている場合でも関係なくパソコンを操作することができるのも嬉しいところ。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

amazonで販売しているトラッキングボールマウスで一番人気のマウスがこれ。

エルゴノミクスデザインのマウスを使う

エルゴノミクスデザインというのは、人間の体の構造に合わせて、負担がかかりにくいようにとデザインされた製品のこと。

一見すると、かなり変わったデザインのマウスが多くて、こんなの使ってほんとに負担が軽くなるんだろうかとか、逆に使いにくそうなデザインだなーと思うものが多いんです。

でも使ってみると、そのデザインが、実はとっても理にかなっているデザインなんだと思えること必死なわけです。

もうね、めっちゃ楽!

この一言に尽きます。。。

ワイヤレスエルゴレーザーマウス MA-ERGW6

パッとみめっちゃ使い辛そう。でも使うとめっちゃ楽。不思議。。。

マウスを使っていて手首が痛くなった時はまとめ

というわけで、1番手軽にできるのがリストレストの導入。

それでもだめならエルゴノミクスデザインのマウスを検討という感じがおすすめ。

手首の痛みから解放されて、パソコン操作がめっちゃらくになれば、ゲームは楽しいし仕事は捗るし、ブログ更新意欲もバッチリわいてきちゃいますよ。


スポンサーリンク