雨の日に車での移動するとき、濡れた傘をどうしていますか?

車に乗る前に水を切って折りたたんで、車の中にのったあと濡れた傘で手や服が濡れてしまったり、シートや床がびちゃびちゃになってしまったり、閉じた傘の置き場所に困ったりしていません?

雨の日の子どもの送り迎えの時とか、濡れた傘の片づけがとても煩わしいんですよね。

逆向きに閉じる傘がスゴク便利

逆に閉じる?

最初に聞いた時は、私もなんのことだかよくわからなかったんですが、こちらの動画を見てもらえれば、すぐにわかってもらえると思います。

この動画、いっけん何の変哲もなさそうな傘が、強風にあおられた時みたいに、逆方向に開閉しているのがわかるとおもいます。

そうなんです、普通の傘とは逆に、雨で濡れた部分が内側にたためるんです。

これがスッゴイ便利。

手や車の座席が濡れない傘

これなら傘をたたむ時に手が濡れたりしません。

傘の水気で洋服や、車のシートが濡れてしまうこともありません。

だから置き場所に気を使う必要もなくなるというわけです。

車の乗り降りがラク

車の乗り降りもすごく楽になります。

車から降りる時、通常傘を広げると手元の方から膨らんでいくので、ドアを大きく開ける必要があります。

でもこの傘は、傘の先端から広がっていくので、少し隙間を空けて傘を開いて雨をしのげる状態にしてから、車を降りることが出来るようになります。

車に乗るときも、傘を差したまま車に乗って、座席に座りながら傘をたたむことができます。

デザインもカラフルで素敵

カラーは全部で8種類あります。

ビジネスシーンで使えるブラックから、女性にぴったりなショッキングピンクまで、幅広くとりそろえられています。

なかでもレッドの傘は人気なので、品薄状態になりやすいので、気になる方はお急ぎください。


スポンサーリンク