スーパーで特売だったからキャベツ買ってきたんだけど、美味しい食べ方を知りたい。

野菜炒めにちょっと飽きてきたかも。

美味しい浅漬けを簡単手軽に作りたい。

このページでは、いつものキャベツが高級食材並みに美味しくいただける方法をご紹介しています。

キャベツが高級食材に!粟国の塩がメチャ旨

はい、というわけでね、タイトルですでにネタバレしちゃっているんですが、キャベツを美味しくする方法というか、コツは

なんです。

塩を変えるだけで劇的に美味しくなる不思議

よくあるテレビのグルメ番組で塩の特集みたいな企画が放送されていたんですよ。

そこで、ゲストがめちゃくちゃ美味しそうにキャベツをバリバリ食べていたんです。

それはもう、味の宝石箱やーみたいな大げさなノリで、これは旨い旨いって大騒ぎ。

いやいや、キャベツて。。。

そんなんどこにでもあるキャベツが、そんな美味しいわけないじゃないって疑っていたんです。

あーこれは、テレビでよくあるやらせ企画だなーなんて、ちょっと斜めに構えて見ていました。

でもちょっとだけ気になって、塩についてちょっとパソコンで調べてみたんですよ。

そうしたら、良さそうな情報がいっぱいあったんです。

塩には3種類ある

塩と一口に言っても、大きく3つの種類に分けることができます。

  • 天然塩
  • 再生塩
  • 精製塩

の3つです。

天然塩

天然塩というのは、天日で海水を干して塩を抽出したり、大きなお釜でグツグツ煮込んで水分を飛ばして塩だけにしたりして作られた塩のこと。

他に岩塩とか湖塩とか、自然みあふれる感じの塩です。

量が少なかったり、作るのに手間がかかるので、価格が少々お高くなるのが玉に瑕な塩。

再生塩

再生塩というのは、岩塩や原塩と呼ばれる塩分濃度の高い塩を、海水で洗ってニガリやミネラルを加えて、味を整えて作られる塩。

ピンクや黄色などの色が付くのが特徴的。

精製塩

精製塩というのは、塩をどんどん精製して、塩化ナトリウム純度を99%以上にした状態の塩。

安価で大量に作ることができるので、スーパーなどで特売品になったりするのがこのタイプ。

天然塩がやっぱり美味しいらしい

自然に存在する塩を、丁寧にとりだして作られた塩が、やっぱり美味しいらしいということが、ほとんどのサイトに書かれていたんです。

疑り深い性格の私は、このときあんまり信用していませんでしたね。

またまたそんな、嘘でしょー?

って。

スーパーで買った塩が切れたから試しに買ってみた

常備していたお塩が切れたタイミングで、試しに天然塩というのを、だまされたと思って買ってみることにしたんです。

塩は絶対必要ですし、口に合わなかったらスーパーの塩に戻せば良いしって感じで決めました。

天然塩といってもイロイロあって、和食には海水から作られた塩が、洋食には岩塩がよく合うということで、我が家は和食が中心だったので海水から作られた天然塩を購入してみることに。

その時買ったのがこちら。

粟国の塩

キャベツ革命!

いつもの野菜が、高級食材に。

キャベツにふりかけて揉むだけで料亭の味

ほんと、大げさじゃなくて、美味しいんですよ、これが!

いつぞやみたテレビ番組よろしく、キャベツをバリバリほおばる私。

シャキッ シャキッ

じゅわわぁー。。。

食感からして、もうすでに美味しいんです。口に運ぶのが楽しくなるほどに。

そして後からくる野菜本来の甘みとうまみが、じゅわわーっと口の中いっぱいに広がります。

これが、味の宝石箱というやつなのか!

あれもこれもと塩をふりかける日々

それからというもの、いろんな食材に粟国の塩を振り掛けるようになりました。

  • おにぎりも美味しい
  • 焼肉も美味しい
  • 焼き魚だって美味しい
  • 野菜の浅漬けも美味しい
  • 下味にこの塩をふっても美味しい。

なにこれ。。。

なにしても美味しい!

いままで使っていた塩は、いったいなんだったのか。

もう、近所のスーパーじゃ塩は買えないなって思いましたね。ええ。

いつもの料理がワンランク上の味に

いつもの料理なんだけど、もっと美味しくなる。

あなたも家族も笑顔になる。

そんな素敵な塩がこちら。

粟国の塩

キャベツ革命!

いつもの野菜が、高級食材に。


スポンサーリンク